タイトル

この日記へのコメントはこちらまでどうぞ。

hns - 日記自動生成システム - Version 2.10-pl3



PREV < 2002/10 > NEXT
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
指定した年月の日記に移動
タイトル一覧
カテゴリ分類

2002年10月21日(月) [他の年の10月21日の日記] ……この日は何の日?

潔いなあ(汗)■ [XGAME]

つーわけで、 へむへむさんち からのミラーで 「あうあう」デモ をダウンロード!
……いやあ、まあなんつうか(笑)ここまでアカラ王子なデモもなかなかないっつーかゲーム全体にこうありきたり色がぷんすかしてるとか思うのは私だけかと思いつつたぶん「くすり」とか笑うだけで実際には買わないだろうなとか思いつつ。

にしても。■ [LIFE]

お出かけの翌日は出勤が辛いですのう。
こんな調子じゃあ水曜からの総行程1600kmの旅行の後なんてどうなることやら。

2002年10月22日(火) [他の年の10月22日の日記] ……この日は何の日?

既に浮き足立ってます。■ [LIFE]

明日以降のこといろいろ考えてみたりとか。
で、ちょっと思い立って戸隠に行く途中で松本市内と木崎湖に寄ってみようかなと。で、そのことを陽菜にメールしてみたら
「きざきこっておねてぃの?いいよん」
ですと。さすが我が妻、わかっていらっしゃる(笑)
まあそんなわけで仕事は早々に切り上げて帰宅。けど準備で結局かなり遅くなってしまったり。「おねてぃ」のmpegファイルコピーとかしてたからなんだけどさ。
さて、明日から合計2000キロのドライブ開始……。

2002年10月23日(水) [他の年の10月23日の日記] ……この日は何の日?

初日(千葉→和歌山:約780km)■ [LIFE]

出撃:

朝5時スタートの予定が30分遅れたため、千葉市内の京葉道路で見事に渋滞にひっかかったので東関道→湾岸線ルートに移行。そこでも多少おやくそくの地帯で渋滞に巻かれたものの、そこ以外はスムーズに首都圏を切り抜け、集中工事で渋滞確実の東名道を避けて中央道経由で和歌山に向けて発進。

寄り道(そのいち):

八王子を過ぎたあたりで後ろに乗った両親の
「富士山見えないねえ」 *1
という一言で富士山付近に近づくことを決定。みんな寝てるのをいいことに大月から河口湖方面に進路変更したものの、河口湖ICに近づいてきてもお山はどんより雲の下。
しょうがないんで河口湖から西湖、精進湖を経由して上九一色を抜けて甲府南ICから再度中央道へ。

寄り道(そのに):

甲府を過ぎたあたりで、母親の
「清里ってこのあたりだっけ?」
という一言で清里通過を決定。「行かなくてもいい」とか後で言ってもダメです。
ママン、あなたは私の性格を掴みきれていないよ(笑)
つーことでやってきました清里。駅前土産物街をさくさくっと通過して清里スキー場を目指したものの、さすがにリフトの運行は既に終わっていたようで回れ右。清泉寮に行ってソフトクリームとパンを買い込んで、八ヶ岳高原道路を経由して小淵沢から再度中央道に。

寄り道(そのさん・予定通り):

その後は順調に中央道→名神道を走破して吹田にある姉の家に。ここでは両親が預けてある犬 *2 を引き取りに。久々に甥、姪と会ったんだけど、二人ともいまどきの中高生って感じでした(笑)。
そこで実家に置いて行く予定だったノートPCにつけるモデムカードのケーブルが壊れてるのを修理するためにパーツを買い出しに行ったものの、どうしてもパーツはみつからず。しかたないのでモデムカードを新調。予想外の出費が痛い。
その後帰って来た姉と食事して、和歌山に向けて出発。
到着したのは21時過ぎでした。速攻風呂入って明日に備えるのコト。

*1: ずっと近畿圏住まいの両親は富士山には格別の思い入れがあるらしい。
神奈川に住んでた身としてはわりとふつーに見てたものだけど、普段見てない人には格別みたいね。かつて陽菜とその友人もうちから見える富士山みて大騒ぎしてた記憶があるし。
*2: 元々姉一家が飼ってたんだけど。

2002年10月24日(木) [他の年の10月24日の日記] ……この日は何の日?

ふつかめ(和歌山→大阪:約75km)■ [LIFE]

出撃:

……また30分の遅れで出発(汗)まあ両親が「コーヒー飲んでけ」ってのを聞いたからではあるんだけど。
で、阪和道から阪神高速湾岸線を通ってユニバーサルスタジオ・ジャパンに。ここでETCの期間限定割引を初めて使うことに。けどもう使う機会ないな(笑)阪神高速のETCゲートはJHや首都高と違って電光表示でなんかかっちょいいですな。
しかし高石付近で見事に渋滞に引っかかり、30分遅れの予定が予想外に大きく響く。このままでは開園の時間(9時)に間に合わない……!
ここで陽菜の超問題発言。
「まあ、開園時間から行かなきゃいけないとこでもないから……」
……ああそうですか。あなたは もう一度行ったことあるからいいよねー。私は開園前の高揚感から味わいたかったんだけどねー。
というわけでこの日は一日このネタを引きずること決定。合言葉は
「犯人は陽菜*1 (あずまんが大王の大阪風に)
ってことで。

ゆーえすじぇい:

さて、やってきました USJ 。どうにか9時ちょい過ぎに駐車場に到着。予想外にバスが多いのに不安を感じつつ……って、 千葉県立松尾高校っていったい……陽菜の地元高校 *2 やんか。なんか変な巡り合わせだなあ……とか思いつつチケ売り場に。
本来ならオフィシャルホテルに今日泊まる予定の私たちはホテル内のカウンターでチケットが買えたはずなんだけど、そんなことをするまでもなくチケブースが空いてたのでそのまま購入。入場してまずはT2/3Dのエクスプレス・パスを入手してから主目的であるバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドに。
ライドの前にはデロリアンの展示が。思わずおやくそくでイメージショット(デロリアンに足をかけて時計をみてるやつね)を真似して写真撮ってみたけど、よく考えると左右逆だったよ(;_;)
ライドそのものは一度めは後列の右端に乗車。けっこう楽しめたんでもう一度、今度は前席でライド内のギミックを楽しもうと思って入ってみたんだけど、今度は落ち着いてライドを見てしまったせいで
「映像を映すスクリーンの端が見えてしまった」
「隣で動いているライドも見えてしまった」
といった理由でかなりげんなり。このへんはもうちょっとスクリーンの端を回り込ませるとかの改善が欲しいかなーとか思ってみたり。

堪能:

で、その後はパーク内を十分堪能出来ました。待ち時間も最大で15分くらいだったし、ジュラシック・パーク・ザ・ライドでは盛大に濡れて気分よかったし(笑)。ウォーターワールドでちょっと日和って水濡れ席に座らなかったのはちょっと後悔したけど(笑)
あとハロウィン企画は例によって怖がって目すら開けずに私にしがみつく陽菜をひきずって歩いてました。なんであそこまで苦手かね>陽菜
まあそんなこんなで修学旅行生やら遠足やらの中高生でごった返していたUSJを閉園時間まで存分に楽しんで来ました。デロリアンのラジコンとか、カネも存分に吸い取られたけどねー(汗)
ただ、トータルではやはり東京ディズニーリゾートに一日の長あり、って感じで、もひとつ客足が伸びないのはそういったあたりもポイントになってるんだろうな、とも感じました。パークの端っこが 書き割りってのはあんまりだろう、ってのが最大のへなちょこポイントだと思う次第。あと、閉園時間がちょっと早いのもマイナスポイントかな。平日でもせめて20時か21時までオープンしてて欲しいな、と。

ご宿泊:

んでもって、到着しましたホテル京阪ユニバーサル・シティ。まあごく普通のホテルなんで……と思っていたら、テレビでアトラクション連動企画、てな感じでバック・トゥ・ザ・フューチャー1とハムナプトラ2上映中。思わずBTTFの方は見入ってしまったり。おとなしく家で見れ(笑)

お食事:

ホテルに荷物を置いて、エントランスから ユニバーサル・シティウォーク へ。エントランスフロアの宴会場らしきところには沼津の高校の予定表が掲示してあって、
「最近の高校生はいいとこ泊めてもらえるんだなー」
とかちょっとうらやましく思えたりとか。
シティウォークも周辺ホテルから繰り出したのであろう高校生っぽい連中でいっぱい。とりあえずぐるっと一通り見物してから、陽菜おすすめのお店「ババ・ガンプ・シュリンプ」でお食事。味・量ともなかなかでおいしくいただけました。店員さんがとても親切で料理のオーダーについていろいろアドバイスしてくれたのもポイント高かったです。

らんらん:

部屋に戻って、PCを部屋にあるLAN回線に接続。やっぱし高速回線がないと生きて行けない体になりつつあるなあ……とか(笑)

夜更かし。:

明日に備えて早く寝るつもりが……気がついたら「ハムナプトラ2」見ててかなり遅い時間に。これは罠だな(笑)

*1: 実際には「陽菜」の部分は普段の呼び方なんだけど。
*2: 出身校ではないけどね。要するにうちからも近所ってことで。

2002年10月25日(金) [他の年の10月25日の日記] ……この日は何の日?

みっかめ(大阪→戸隠:約500km)■ [TRAVEL]

高校生の出発時間を回避して出撃しようとしたら、なんだかんだで見事に直撃してしまいました(爆)。まあそれほど被害はありませんでしたけど。

出撃:

で、出撃したはいいものの、ホテルを一歩出たらそこは大阪の中心街。まあ必然的にけっこう渋滞してる訳で、しかも阪神高速環状線の通行止の影響もあってか、福島付近がすごい渋滞だったので阪神高速に乗るのを諦めて名神豊中を直撃するルートに変更。それでも少々渋滞に巻かれましたが。

おねがいティーチャー:

とりあえず名神に乗ってからは大きな混雑もなく小牧から中央道・長野道を経て松本に。
ここには「あがたの森公園」にある旧制松本高校の校舎を見物にやってきました。表題の通り、「おねがいティーチャー」の学校のモデルになった校舎で、確かにほんとそっくり。で、写真を撮ってたら通りがかりの車から声をかける人あり。
「すいません、あがたの森公園ってどこですか?」
「公園はここですけど、駐車場はそこを曲がった先にありますよ」
「いや、公園は……」
……よくわからん会話がしばし続いた後、後続が詰まって来たのでその車は去って行きました。つーか 観光客に道聞くなよ(爆)って気がするんだけどね(笑)
校舎以外の公園もなかなか静かでいい場所でした。露天のテーブルで勉強してる人とか、絵描いてる人とか。校舎内にある文化会館からはコーラスの歌声が聞こえてきたりしててとてもよい感じ。近所なら時々来て散歩するのにいいかなあ、と思ったですよ。
ほんとは近くにある城山公園にあるという通称「楓展望台」 *1 も見に行きたかったんだけど、時間がなかったので断念して木崎湖を目指すことに。
しばらく車で走ってから、ガソリンが足りなさげなので途中のスタンドで補給…… レギュラー\105/Lってマジですか?いやなんつうか、長野って搾取されてんのね。後でe燃費ランキングのメール見てみたら確かに全国ランキング45位……高いはずだわ。やっぱり海岸からの輸送料上乗せされてるんだろうか。
まあそれはさておき、木崎湖は海ノ口駅に到着。
……んー、ほんとにそのまんまですなあ。とりあえず何枚か写真を撮って、本日の宿である戸隠を目指す。ほんとは先生が立ってた桟橋とか見に行きたかったんだけど、これまた時間がなかった(夕食つきだったのでチェックイン時間が早めに設定されてた)ので泣く泣く移動開始。

山越え山越え(滝汗):

(注:ここからは出来れば長野県の地図を用意してから読んでもらえるとより楽しめるかと思います)
現在いる海ノ口から、戸隠へのルートをナビにひかせて、その通りに発進。青木湖南端から県道324号線に入る……って、この
メチャ細い道はナンナンデスカ!?(爆)なんかナビの地図見てみると スキー場の中通ってるんですけど。つーか今(当然動いてないけど) リフトの下通過しましたよ!? なんつールートひきやがりますかこのナビは。
……いや、こういう道 大好きですけどね(笑)。
なんにせよ車の幅でメイっぱい、対向車が来たらおしまいだしちょっと道を踏み外したら転落確実なのにガードレールもないような県道を通り抜けまして、続いて県道31号線に。こちらはすごく道幅も広くていい道。いやー快適快適……とか思っていたらいきなりわき道に入れ、との指示。どうやら一般道優先でルートをひかせたら、先にある有料道路を回避するようなルートにしたらしい。そこまで避けんでも……と思いつつルートを確認してみると、どうも一旦長野市内に入ってから戸隠を目指せ、というルートを設定しているみたいで、地図を見るとショートカットできる山道が存在するらしい。
「こっちの方が面白そうだよね」
という理由で陽菜と合意してそちらに進路変更。所要時間は30分くらい短縮されるようで、なかなかいいじゃん……と思って走り始めた県道86号線。
……あのー、 なんかこっちもすんごい細い道なんですけど(笑)しかも地図には雪だるまにバッテン *2 ですよ(汗)ついでに言っちゃうと落ちたら今度は転落どころか 谷底行き確実の車幅いっぱいの道にガードレールなし、しかも 携帯電話は圏外ときたもんだ(笑)なんかあったら助けも呼べない、あたりはもう暗くなっててなんだか危険な雰囲気。
どうなることか……と思いつつも無事に通り抜け、戸隠神社中社のすぐそばにある今日の宿に辿りつきました。
宿はとても落ち着いた雰囲気で、食事もまあまあうまかったです。なんで山の中でカツオのたたきが出てくるかな、って気はしたけど(笑)。部屋は寝返りをうっただけで部屋中がきしむような趣のある建物。DoCoMoのPHSは当然のように圏外。テレビはほとんど映らない。
……疲れてたこともあって20時にはふとんに入ってました。健全な大人はその後を想像したりするんでしょうが……見事に翌朝6時まで寝込みましたが?(笑)

*1: オープニングで楓がいると思われる展望台
*2: 冬季通行止、ってやつですな

2002年10月26日() [他の年の10月26日の日記] ……この日は何の日?

よっかめ(戸隠→千葉:約570km)■ [TRAVEL]

えー、当然のように早起きさんでした(笑)

お参り三昧:

陽菜に連れられて戸隠神社中社に。さすがにまだ朝早くて社務所は開いてませんでした。とりあえず詣でてから宿に戻って朝食。納豆が出なかったことは評価するけどなんで鰈の煮つけが出てくるのかと(以下略)。まあおいしかったですけどね。
早々に宿をチェックアウトして、向かうは戸隠神社の奥社。麓に車を置いて、片道1900メートル、歩いて往復1時間半程なんだそうで、ちょっと疲れ気味の私は陽菜に
「車で待っててくれていいよ」
と言われたんだけど、まあせっかくだからってことで一緒に行動。
最初の1500メートルはほとんど上りと(下からは)気づかないようなゆるやかな上りで、私は
「これが私の生きざまだー!」(あずまんが大王のとも風)
とか言いながら快速ダッシュ。
……数分後。
「……この生きざまはダメですー」←おやくそく(笑)
で、のこりの500メートルが石段の急な坂。もう二人してへろへろになりながらもなんとか登り切り、陽菜は朱印帳に朱印押してもらってました。私はぜーはーしながら下を眺めてみたり。
下りはやっぱり楽ちんで、往復にかかった時間はちょうど一時間でした。二人とも普通の人より歩みは早いんで、まあこんなもんでそ、と。
で、中社に戻ってそこで朱印を押してもらってから、門前にあるうまいと有名なそば屋さん「うずら屋」で食べて行こう、ということになって行ってみると、開店前だってえのに結構な行列。順番待ちのリスト用紙は2枚目になってました。ちょっと不安だったんだけど、どうにか最初のターンで店内に入ることができ、私は天ざるそば、陽菜はそばがきを食べてきました。さすがに行列ができるだけのことはあってすごくおいしかったですよ。
そば屋さんを後にした私たち、戸隠宝光社にも詣でてから次なる目標の善光寺に。さすがに土曜日とあってかなりの人出で、ささっと詣でて朱印もらって、おやき食べておみやげ買って早々に撤退しました。

湖巡り:

続いて向かったのは野尻湖。陽菜が高校時代に部活の合宿で来たんだそうで、特に行きたいところはないとのことだったのでぐるっと湖を一周してから道の駅に寄って引き返して来ました。ちなみに最寄りのICはETC利用不可。マジかい(汗)
で、どうしてもあきらめきれなかったんで、再度木崎湖を目指して進撃。先生の立ってた桟橋も見てきました。

どざばーっ:

帰りは行きとは違う道にしよう、ってことで少々遠まわりだけど上信越道経由にすることにして、木崎湖からまたまた山道を通って麻績ICから長野道に……って ここETC利用不可かい!? ちょっと予想外の事態に驚き。途中立ち寄ったSAで調べてみると、長野道はこのICだけETC利用不可だそうで……しかたないので更埴ICで一旦降りて再度長野道から上信越道に。
上信越道に入ってからはすんごい雨で、ちょっとスピード出すのが怖かったくらい。それでも関越道に移る頃には雨もやんでたんで助かりましたが。その関越道は乗った時点では新座料金所を先頭に2キロの渋滞だったんですが、実際に料金所に着く頃には渋滞も解消されていてスムーズに通過、首都高も都心環状線の混雑に引っかかる前に飯田橋出口で降りて秋葉原に。
……予約していた「初恋」プレミアムBOXと「おねてぃ」7巻買って来ました。
あとはおみやげと実家からの届けものを置きに陽菜んちに寄ってからようやく帰宅。
ここまでの合計走行距離は約1920km。いやあよく走ったもんだ。けどまだ東京ディズニーシー行きが残ってるんだよね(汗)

2002年10月27日() [他の年の10月27日の日記] ……この日は何の日?

お勤め。■ [LIFE]

今日は自治会の防災訓練でした。
これさえなければもう1〜2日出歩いて帰って来たんですけどねー、って感じではあるんですが、まあそれは言ってもしかたない事なのでとにかく参加。
まあいろいろあったけど詳しいことは割愛。とにかく午前中立ちっぱなしで足が疲れたってのが最大の感想。

いつかめ(自宅→千葉市内→自宅:約85km)■ [ANIME]

午後はちょいと買い物にお出かけです。

大負け:

まずは千葉市内の本屋さんに。
だいたいこの時期に本屋に行くといろいろ出てて手さげ袋に入れてもらうくらいの本を買い込む羽目になるんですが、今回は二人してその状態。合計1万円くらい買ったんじゃなかろうか。
フロアを降りてイエローサブマリン。トロのひざかけに陽菜が興味を示していたものの、今回は断念。
フロアを降りきってヨドバシカメラ。シェーバーの洗浄液が切れたので買い足し。なんだかんだで年間1万円ちかく維持費がかかる計算になるんだけど、快適さが勝っているのでこれでよしってことで。

限定版なんて嫌いだ:

そのあとは「おねてぃ」7巻限定版の内容確認をするためにこれまた千葉市内某所のDVDソフト屋さんにGO!……やはりありましたおねてぃ7巻限定版。ここの店は秋葉原で消滅している限定版DVDとかが結構生き残ってていいなあ、と思う次第。これからここ常連モードにしようかな(笑)マジカルて1巻もまだあったし(汗) *1
その後は馬車道行ってお食事。ほんとは陽菜が「シナボン食べたい」とか言ってたんでいちばん近いお台場まで行こうかと思ったんだけど陽菜が強硬に反対したので中止。だったら食べたいとか言い出さなきゃいいのに……私がそういう希望を聞いたら実現させる方向に動く性格なのは知ってるくせに(笑)

*1: ヤフオクとか結構なお値段ついてるんだよね……転売屋するほどの利益はないんでやらないけど。

2002年10月28日(月) [他の年の10月28日の日記] ……この日は何の日?

むいかめ(だうーん:0km)■ [LIFE]

昨日の防災訓練で疲れ果てたのか、ほんとは今日ねずみー海に行くつもりだったのに起きる気力がありませんですた。
陽菜には悪い事したけど、へろへろの体で行っても楽しくないしね。

2002年10月29日(火) [他の年の10月29日の日記] ……この日は何の日?

なのかめ(千葉→TDR→千葉:約120km)■ [TRAVEL]

いよいよ休暇も最終日。ねずみー海にGo!であります……が、予定通り(つーか予想通り)出発は少々の遅れ。おかげで見事に渋滞ひっかかりましたが、どうにか今度は開園前に到着完了。陽菜がチケットクーポンをパスポートに引き換えるのを待っている私に声をかけるおっちゃん一人。
「チケットもうお持ちですか? もしよければ……」(最後まで聞かなかった)
「いや、もう持ってますから」
「あ、そうですか……」(去るおっちゃん)
……いったいどうやったらパスポート買い間違えるんだろうか。今思うと偽造ものを売りつけられる危険性もあったなー、とか思ったりなど。

開園:

例によって開園直後はダッシュする人いっぱい。私らはやや早足気味にまずは「センター・オブ・ジ・アース」を目指すことに。これって行った人みんなして「大したことなかった」っていう割には結構並ぶって話だったんでとりあえず最初にクリアすることにしたんだけど、ファストパス取ろうと思ったら
「ファストよりもスタンバイの方が早い」
ってことだったのでとっととスタンバイに。確かにほとんど人いねーし。
そんなこんなで乗ってみましたが、確かに期待して行ってみると「期待はずれ」になりそうだけど、最初から期待せずに行けば「まあこんなもんかな」ってものでしたね……ってやっぱりそれってイマイチってことやんか(笑)

沈着冷静な指揮官機に乗ってみたい:

続いてこれまた並びが短そうだったノーチラス号に乗ってからストームライダーに。なんか最近観客を水に濡れさせるのって流行なのかしらん(笑)。ともあれ、最初に乗ったのが左側で二号機だったので、
・右側は一号機かも。
・右側のシナリオは二号機がアクシデント発生で待避し、一号機が沈着冷静に任務を遂行するシナリオなのかも。
と、思ったのでもう一回乗ってみたんですが……やっぱどっちも二号機なのね(笑)ちょっと残念。

またーり:

続いてお隣にある「アクアトピア」に。のんびり系アトラクかと思いきや、ぐりんぐりん回されるは、ステーションに戻る時にがっくんがっくん揺らされるはで、意外と楽しめる感じ。この後時間を分けて2回くらい乗ったんだけど、どれもコースが違って楽しかったです。俺的にはこのパークでいちばん好きなアトラクションかも。

そりゃジープで神殿に乗り込んだら怒られるよなぁ:

続いてインディ・ジョーンズ。まあサブタイトル通りってことで(笑)

またまた堪能:

その後もぐるぐるとパーク内を巡りまして、明らかに小さなこども向けと思われるマーメイドラグーン内の遊具 *1 以外は制覇してきました。ファストパスの有効活用で15分以上待ったものはなく、いちばん待ったのが夜のイベントで場所キープして待ってた時の30分くらい、てなもんで。ショー系イベントをいくつか取りこぼしてるんですがまあ許容範囲ってことで。
なお、ミュージカルステージ「アンコール!」を見て〜特にキャッツの「Memory」を聞いて〜陽菜が激怒ってたことを補足しておこう(笑)

なんにせよ、 前回TDLに行った時 と違って風がほとんどなかったので花火もちゃんと上がったし、すごく天気に恵まれてて良かったですよ。

どよーん……:

さて、明日から仕事だ……リハビリ大変そう(汗)

*1: コースター乗ったら膝つかえちゃって……(汗)

結果。■ [TRAVEL]

この一週間の走行距離は
総走行距離 約2100km
総使用燃料 約230L
となりました。いやーよく走った走った。

2002年10月30日(水) [他の年の10月30日の日記] ……この日は何の日?

だるー。■ [LIFE]

……この一言に尽きる。

2002年10月31日(木) [他の年の10月31日の日記] ……この日は何の日?

脱出準備。■ [NET]

ちまちまと日記の移行をしてみたりなど。
hnsの移行はほぼ出来たんだけど、ついでにインストールしたnamazuがもひとつうまく動かないのがちょっと悲しい。
先は長いけど脱出までの日はそんなに長くないんだけどなあ。

以上、11 日分です。
タイトル一覧
カテゴリ分類
Powered by hns-2.10-pl3, HyperNikkiSystem Project